本文へスキップ

風を感じることの出来るバイクはかっこよく魅力に溢れています。

ライダーのファッション

グローブ

バイクの魅力をご存知ですか/グローブ

原付やスクーターならともかく、本格的なバイク乗りには手袋が必須となります。 特に冬場は手袋なしでの運転は危険です。 そのままでも指先がかじかんでしまうのに、バイクで走行すると冷たい風を受け、指がまともに動かせなくなります。 手首までカバーできるタイプなら防寒対策も充分で、耐久性を考えたら革製グローブが一番でしょう。 革製グローブは使うほど手に馴染み味が出てくるのも魅力です。 黒やブラウンなどダークカラーではなく、思い切ったアクセントを取り入れてみるのも面白いかもしれません。 派手な赤色のカラーグローブをやツートンカラー、カラーラインの入ったグローブなど おすすめです。


服は長袖

バイクに乗るなら服装は半袖ではなく長袖がよいでしょう。 夏であっても半袖はおすすめしません。 半袖では走行中に跳ねた小石など腕に当たって怪我をすることもありますし、女性なら日焼けも気になるでしょう。 両手を伸ばす車種もあるので腕にゆとりがあるタイプがおすすめで、風の入り方や腕の伸ばし方を考えて作られたバイク用のジャケットが一番です。 袖口が広いと走行中に風が入り込み、鬱陶しいだけでなく運転に支障をきたします。 袖口が手首にフィットする長袖なら風があまり入らないので、上着を選ぶならその点に注意しましょう。


ヘルメットなど

ヘルメットはSGマーク規格・JIS規格・SNELL規格を取得している、公道での着用を許された安全なヘルメットを選びましょう。 デザインにもこだわりたいところですが、顔を強く締めつけるタイプを選んでしまうことのないように注意してください。 長時間の運転に支障をきたすようなヘルメットは危険ですので、購入前には試着をして被り心地の確認をしましょう。 履物は安全性や防寒対策を考えたら専用のライディングブーツがベストでしょう。 安全性を考えて、ショートブーツではなくふくらはぎまでは丈のあるブーツがよいです。 パンツは革製のタイトなパンツがベストでしょう。 ナイロン製のパンツはマフラーと接触して溶けてしまうことがあるので避けます。 また女性ライダーの間で定番なのはカジュアルなジーンズスタイルです。